貯水槽水道施設の衛生管理

貯水槽水道とは?

貯水槽水道とは、水道から供給される水を水源として、貯水槽(※1)に貯めてから供給する水道(貯水槽供給方式)(図1)で、一般的に3階建て以上の住宅や、アパート等の集合住宅、学校・病院などに多く設置されており、貯水槽の有効容量(※2)の大きさにより、「簡易専用水道」「小規模貯水槽水道」(※3)に分類されます。(図2)。

これらの施設(設備や水槽内の飲料水)の衛生管理ついては、水道法や条例などによって規定されており、施設の設置者・管理者が責任を持って管理しなければいけません。

  • ※1:「貯水槽」とは、受水槽や高置水槽などの水を貯める施設の総称です。
  • ※2:「有効水量」とは、最高水位と最低水位の間の水量(図3参照)
    最高水位:越流管の越流水位(これが無い場合はボールタップ等による流入停止位置)
    最低水位:流出管または揚水管の管頂から直径1.5倍上部の水位。
  • ※3:「小規模貯水槽水道」は、法制上の用語ではありませんが、貯水槽水道のうち、簡易専用水道以外のもの(10m3以下)を分かりやすく、こう呼んでいます。

索 引

水道についてお困りの方は

フリーアクセス 0800-200-2728 (平日8時30分~17時00分)

企業局指定給水装置工事事業者 第347号
飲料水貯水槽清掃業 石川県 第435号

お問い合わせ先

公益財団法人
金沢市水道サービス公社

〒920-0061 石川県金沢市問屋町2-3
TEL:
076-238-6400
(受付時間 平日8:30~17:00)
FAX:
076-238-6450